東京2020聖火リレー北海道のルートや芸能人ランナーは?一般応募方法も!

東京オリンピック2020年7月24日開幕

に先がけて行われる

「Hope Lights Our Way / 希望の道を、つなごう。」

がコンセプトの聖火リレー

各都道府県での応募が7月1日に開始しました!

ここでは、2020年3月26日〜7月24日まで

121日間かけて聖火を繋いでいく

47都道府県で38番目【北海道】の情報をまとめていきます。

スポンサードリンク

北海道 聖火ランナーの一般応募について

聖火リレーはスポンサーのコカ・コーラ
トヨタ自動車日本生命NTTそれぞれ募集する枠と、
都道府県が募集する枠があります。

聖火ランナー応募先

コカ・コーラ  2019年6月17日~8月31日

トヨタ自動車  2019年6月24日〜

日本生命 2019年6月24日〜

NTT  2019年6月24日~8月31日

北海道聖火ランナー応募  2019年7月1日(月)〜8月31日(土)まで

北海道 聖火ランナー基本応募要件と概要

❶ 2008年4月1日以前に生まれた方。
ただし、 2020年3月1日(聖火リレー開始月の初日)時点で、18歳未満の方は保護者の同意が必要。

原則として、走行を希望する各都道府県にゆかりがある方。
(現時点または過去に居住していたことがある方、現時点で所属している職場や学校がある方、家族や親戚が居住している方、過去に活動したことがある方など)とします。

❸ 国籍・性別は問いません。

❹ 自らの意思で火を安全に運ぶことができる方。
ただし、介添えスタッフ(介添者)のサポートは必要に応じて可能です。

❺ 政治的・宗教的メッセージを伝えることを目的とする方は、聖火ランナーになることはできません。

❻ 公職選挙法に規定する公職にある方(国会議員、地方公共団体の議員・首長)、公職の候補者や候補者となろうとする方、政党や政治団体の党首及びこれに準ずる方は、聖火ランナーになることはできません。

宗教家が、宗教上の実績で評価されて聖火ランナーになることはできません。


公募人数
40人

当選発表
2019年12月以降に、当選者のみに連絡。

スポンサードリンク

北海道 聖火リレー ルートはいつどこを走る?

1日目:6月14日(日)

1日目は函館市を出発し、
アイヌ文化復興等の拠点となる白老町の
民族共生象徴空間(ウポポイ)で
セレブレーションを実施します。

函館市 根室市 北斗市 七飯町 釧路市
洞爺湖町 室蘭市 帯広市 白老町

セレブレーション会場:
白老町 民族共生象徴空間(ウポポイ)

2日目:6月15日(月)

2日目は、苫小牧市を出発、
胆振東部地震で特に大きな被害を受けた
厚真町等を経由し、
札幌市内の北3条広場(アカプラ)で
セレブレーションを実施します。。

苫小牧市 富良野市 むかわ町 旭川市
厚真町 安平町 千歳市 稚内市 札幌市

セレブレーション会場:
札幌市 札幌市北3条広場(アカプラ)

セレブレーションとは
各日最終聖火ランナー到着の最終市区町村で、聖火到着を祝うイベント(セレブレーション)が開催。セレブレーション会場では、様々なステージプログラムの披露や聖火リレーパートナーの展示ブースのほか、1日の最終聖火ランナーがセレブレーション会場に登場し、聖火を聖火皿に灯すセレモニーが行われます。

1日のリレー終了後、聖火はランタンに格納され、
次の日のリレー開始地に車両で移動。
※東京1964大会で行われた県境での聖火の引継ぎはないんだそうです。

北海道の次は、岩手県へと聖火がつながっていきます。

スポンサードリンク

北海道の芸能人・著名人ランナーは誰?

聖火リレーには、
芸能人・著名人・スポーツ選手が走る著名人ランナー枠があります。
さて、北海道は誰が走るのでしょう?

北海道は有名な方たくさんいますよね〜

俳優
青柳翔
生田斗真:室蘭市
大泉洋(TEAM-NACS):江別市
音尾琢真(TEAM-NACS):旭川市
小日向文世:三笠市
坂口良子:余市町
高橋恵子:標茶町
武田真治:札幌市
戸次重幸(TEAM NACS):札幌市
広田レオナ:札幌市
松岡昌宏(TOKIO):札幌市
水谷豊:芦別市
宮本信子:小樽市
森崎博之(TEAM-NACSリーダー):東川町
安田顕(TEAM-NACS):室蘭市

タレント・芸人・アイドル・モデル
カルーセル麻紀:釧路市
川村ゆきえ:小樽市生まれ
里田まい(元カントリー娘。):札幌市
原千晶:帯広市
原幹恵:東川町(育ちは新潟県)
藤崎奈々子:札幌市
矢部みほ:恵庭市
やまだひさし:釧路市
芹那(元SDN48):岩見沢市
浜島直子:札幌市
八木アリサ:札幌市
加藤浩次:札幌市生まれ小樽市出身
兼近大樹(EXIT)
タカアンドトシ(タカ:札幌市、トシ:旭川市)
ワッキー(ペナルティ):釧路市育ち
バービー(フォーリンラブ):栗山町

歌手・ミュージシャン
藍井エイル:札幌市
アサヒ(Little Glee Monster)
緒方龍一(w-inds.):札幌市
北島三郎:知内町
さくらまや:帯広市
SWAY(野替愁平、DOBERMAN INFINITY):札幌市
千葉涼平(w-inds.):札幌市
西島隆弘(AAA):札幌市
野宮真貴:音別町
福原美穂:札幌市
細川たかし:真狩村
安全地帯(玉置浩二、矢萩渉、武沢豊、六土開正、田中裕二):六土のみ稚内市、他は旭川市
サカナクション(草刈愛美を除くメンバー4人が北海道出身)
小西康陽:札幌市
SALU(ラッパー):札幌市
DAISHI DANCE:札幌市
蔦谷好位置:札幌市
YUKI(元JUDY AND MARY ボーカル):函館市
吉田美和(DREAMS COME TRUE):池田町
吉田兄弟:登別市

出典:Wikipediaより抜粋

現在、発表されている北海道の有名人聖火ランナーは
スノーボード銀メダリストの竹内智香さん
です!

ちなみに、1998年の長野オリンピック、北海道は、
プロゴルファーの青木 功さんがランナーをつとめています。

2020年の東京オリンピック
どなたが北海道の聖火リレーを盛り上げてくれるのか
楽しみですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください