双子パンダ(上野動物園)一般公開日や名前の公募はいつから?応募方法も

6月23日上野動物園ジャイアントパンダのシンシンが双子の赤ちゃんを出産しましたね!

上野動物園のパンダが赤ちゃんを産んだのは2017年のシャンシャン以来で、双子の誕生は初めて。シャンシャンはお姉ちゃんになったのか〜。めでたいですね〜。いつから双子ちゃんに会えるんでしょうか?

ここでは

■双子パンダの一般公開はいつから?
■双子パンダの名前の公募はいつから?
■双子パンダの名前の応募方法は?

について調べてみました。

スポンサードリンク

上野動物園  双子パンダの一般公開はいつから?

お姉ちゃんパンダのシャンシャンの時を例に振り返ってみると、6月12日に誕生し、一般公開は12月19日からでした。生まれてから半年後の公開だったんですね。

今回の双子ちゃん6月23日生まれなので、順調に成長して半年後となると12月下旬

上野動物園の年末年始の休園日が12月29日~翌年1月1日なので、2022年の年始からの一般公開ということもあるかもしれないですね。

双子パンダの一般公開日は、2021年12月下旬〜2022年1月上旬と予想します。

順調に成長してクリスマスに一般公開〜!

なんてことになったら、クリスマスだし、双子ちゃんだしで、

入園チケット、シャンシャンの時以上に争奪戦になりそうですね。

上野動物園  双子パンダの名前の公募はいつから?

シャンシャンの時は、生まれてから約1ヶ月半後7月28日から名前の募集が始まりました。

ニュース映像で目にした方も多いと思いますが、生まれたてのパンダの赤ちゃんってパンダ感ないですよね〜。

シャンシャン生後2日目は147g。双子ちゃんの生まれたての体重、1頭は124g(もう1頭は不明)だったそうなので、もっと小さいんですね。

生後1週間ほど経つと、白黒の毛が生え始めて、いわゆる「パンダ模様」が現れ始めて、生後1ヶ月〜2ヶ月で立派なパンダの姿になるんだそうです。生後3ヶ月で体重は5〜6kgでよちよちと歩き始めたり、乳歯が生え始めたりして、一般公開されるであろう生後6ヶ月のころには、母親の真似をして竹を食べる練習をし始めるんだとか。体重も10kg〜12kgくらい。人間の子どもの1歳半くらいの体重なんですね〜。

シャンシャンの時、名前の公募が1ヶ月半後だったのはきっと、赤ちゃんがもう大丈夫!と順調に成長している!となったからだったんでしょうね。

つまり、双子ちゃんすくすくと順調に成長したら名前の公募は8月上旬頃からはじまるのではないでしょうか。

7/23に公開された双子ちゃんの様子↓かわいい〜☆

上野動物園  双子パンダの名前の応募方法は?

シャンシャンの時の名前の応募方法は、

WEBからの応募(上野動物園のホームページにある応募フォームから)

郵送による応募(郵送はがき、または募集チラシに付属の専用応募はがきを切り取り郵送)

応募箱等での応募(募集チラシに付属の専用応募はがきを応募箱に投函)

の3つで、募集期間は7月28日から8月10日の2週間でした。

なので、

双子ちゃんの名前公募WEB、郵送、応募箱で応募するようになると予想されます。

ちなみに、シャンシャンの時の名前公募は、全応募数322,581件で、応募の多かった名前100点を対象に選考し、国内外のパンダについている同じ名前や、既存の各種キャラクター名などを除外し、選考委員会の投票によって、シャンシャン、レンレン、ヨウヨウ、マオマオ、シンリー、ルールー、シュウシュウ、リーシンの8点が候補として選ばれ、商標登録の詳細調査や中国協議を経て、シャンシャンに決定したそうです。

応募数の多かった名前、上位3つは、ルンルン(12,154件)、メイメイ(11,191件)、ノンノン(7,854件)だったそうですよ〜。

まとめ

双子パンダちゃん、すくすく元気に育ってくれたら、名前の公募が8月上旬頃から始まって、12月下旬〜1月上旬で一般公開が始まるのでは?とお姉ちゃんパンダのシャンシャンの時を例に予想しました。

双子パンダちゃんのこれからの成長楽しみですね〜!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください